獲れる量の少ない花咲ガニ

獲れる量の少ない花咲ガニであるから、市場で高い代金がつくものです。通販では割安かどうかというとそうではないのですが、思いがけず低予算で手にはいる販売店も存在します。
ズワイガニとは、水深300m程の深海に居住し、景色の良い山口県からカナダ近郊まで広範に棲息している、とても大きくて満腹感のある食べられるカニだと言われています。
花咲ガニについて語るなら、体の一面に岩のようなシャープなトゲがたくさんあり、モデル体型とはいえない太い短足ではあるが、寒さ厳しい太平洋で力強く生きてきた噛み応えのある身は、、しかも、汁気たっぷりです。

b5OGL
この花咲ガニは他のカニの中でも花咲ガニというカニそのものが豊富ではないので、漁猟シーズンは7月~9月だけという短期で、それにより、最も旬の時期は、9月から10月のみとたったこれだけ?と驚くほど短期間です。
食してみると格別にうまいワタリガニの食べごろは、水温がダウンしてしまう晩秋から春の季節までとなっています。この数か月のメスは一段と絶妙な味になるので、進物に利用されることも多いです。
カニの中でも花咲ガニは、一時期しか獲れず(初夏の頃から晩夏の頃)、ですから、特定の時期しかない代表的な蟹であるが故に、今まで食べたことないという方もいらっしゃるのではありませんか。
鮮度の良いワタリガニを食べる場合は「茹でるのみ」を推奨します。わずかに頂く時には苦労するかも知れませんが、甘みのある味噌や身は、その他の高価な蟹以上の味覚を感じさせてくることでしょう。
やや大きめで身が詰まっている味噌汁にも向いているワタリガニの雄は、旨みが他のものと違いあます。火にかけた甲羅に、熱燗を入れながら味わうと、カニ味噌と混ざり合って、濃厚な深みのある味を体験することができます。
活きた毛ガニは、きちんと浜に足を運び、選別して仕入れをしなければいけないため、コスト・手間などがそれなりに必至です。であるので、通販店で活き毛ガニが手にはいるようなところはほとんどの場合ないのです。
カニはスーパーではなくネット通販にすれば、破格で良質しかも手軽なのです。新鮮で破格のズワイガニは通信販売から賢くお得にお取り寄せをして、旬の味を堪能しましょう。